契約書作成エージェント
今すぐお電話 0120-865-320
ご相談窓口フォームへ
 

契約書のご相談は、今すぐ無料相談を
365日受付中
TEL:0120-865-320
メールでのご相談はこちら
 
TOP
企業向け契約書
個人向け契約書
金銭の貸し借りに関する契約書
   
近隣関係に関する契約書
   
消費者問題に関する法的書面
   
抵当権等の担保物権に関する
契約書
   
示談書、慰謝料支払の請求書
契約書の種類
作成までの手続きの流れ
契約書にまつわる用語集
事務所案内
お問い合せ
相互リンク募集
サイトマップ
契約書を作成するということ、その意味。
契約とは、
 相対する当事者間における申込と承諾の意思表示が
 合致することによって成立する法律行為 のことです。

そして、契約は、当事者の口頭による遣り取りのみであっても成立の認め
られるものであり、実際上、これまでの日本社会では、当事者間における
人と人との信用のみを前提とした取引ないし法律関係の形成が多く行なわ
れてきました。

もちろん、現代でも、日々の細かな取引等にまでいちいち契約書を作成する
必要はありませんし、また、そこまで要求することはかえって取引手続が
煩雑化し過ぎ、円滑な日常社会活動が阻害してしまうことでしょう。
例えば、スーパーマーケットでの食料品や日用品の購入の場面等を考えて
下さればよくお分かりと思います。

しかし、それでも契約書の必要となる場面は多数あります!!

そして、その判断の基礎となるものは、単に“取引金額が大きいから”
ということだけではありません。要は、その契約のもたらす法的拘束が、
『当事者にとってどれほどのリスクを負わせることとなりうる
のか!?』
ということに尽きます。

そこで、私どもは、企業法務の一環として、法人のお客様の予定されている
商取引ないし法律行為に含まれる複雑かつ専門的判断を必要とする法的な
リスクの分析を行ないつつ、契約の本質的変更を伴わない程度のよりよい
内容への修正アドバイス、及び契約書の作成代行に至るまでをワンストップ
サービスでお引き受けさせて頂きます。これにより、企業におけるコンプライ
アンス確保ならびに商取引における紛争の防止及び問題発生時の円滑・
迅速な解決の実現のみならず、弁護士等にご依頼なされるよりも格段の
低コスト化を図ることも可能となります。

とにかく、複雑な商取引に関する契約書の作成は、現実には契約締結の
段階以前からじっくりと細目事項にわたって吟味する必要があります。
時間はいくらあっても多いとはいえません。
したがって、お取引に伴う契約書作成の必要が生じましたら、取り急ぎ、
お取引内容の詳細な経緯・目的等のお話をお聞かせ願いたく存じます。


また、個人のお客様におかれましても、現代の契約社会・訴訟社会において
は、契約書の作成は他人事とは言えません。ほんの少しの手間・専門家への
費用支払い等を敬遠されるがあまり、契約に伴う多大なリスクにつき、何の
対策も講じずに野放しにしておられる方はたくさんおられます。

しかし、そのようなリスク回避のためのご努力をお客様がご決断されました
ならば、是非とも当事務所へご相談下さい。単に契約書の作成代行をお引き
受けするのみならず、専門家として、本当に必要かつ相当な契約内容をお客様
と一緒に考えていくことをお約束いたします。

とにかく、契約締結による確実な利益確保と、契約がもたらすリスクの確実な
回避のための最大にして唯一といえる方策は、契約書作成における
イニシアチヴを握ることにあります!

僭越ながら、そのための最初の一歩として当事務所がお客様のお力になれ
れば幸いに存じます。当事務所へのご相談・ご依頼を頂けますことを心より
願っております。

このページのTOPへ▲