契約書作成エージェント
契約書作成エージェント 今すぐお電話 0120-865-320
契約書作成エージェント ご相談窓口フォームへ
 

契約書作成エージェント 契約書のご相談は、
今すぐ無料相談を365日受付中
TEL:0120-865-320
契約書作成エージェント メールでのご相談はこちら
 
契約書作成エージェント 契約書作成エージェント TOP
契約書作成エージェント 企業向け契約書
契約書作成エージェント 個人向け契約書
金銭の貸し借りに関する契約書
   
近隣関係に関する契約書
   
消費者問題に関する法的書面
   
抵当権等の担保物権に関する
契約書
   
示談書、慰謝料支払の請求書
契約書作成エージェント 契約書の種類
契約書作成エージェント 作成までの手続きの流れ
契約書作成エージェント 契約書にまつわる用語集
契約書作成エージェント 事務所案内
契約書作成エージェント お問い合せ
契約書作成エージェント 相互リンク募集
サイトマップ
以下は、典型的な契約内容につき、ごくごく簡素化した契約書のサンプルです。
1.消費貸借契約書(利息付)
金銭消費貸借契約書
    貸主(甲):
    借主(乙):
 甲と乙は、以下の通り金銭消費貸借契約を締結した。
 
第1条 甲は乙に対し、本日、金□□万円を貸付け、乙はこれを受領した。
第2条 乙は、甲に対し、前条の借入金□□万円を平成  年  月から平成  年  月まで毎月  日限り金○万円宛分割して、甲方に送金して支払う。
第3条 利息は年  パーセントとし、毎月  日限り当月分を甲方に持参又は送金して支払う。
第4条 期限後又は期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで間、乙は甲に対し、残元金に対する年○○パーセントの割合での遅延損害金を支払う。
第5条 乙において、次に掲げる事由のうち、一つでも該当した場合には、甲からの通知催告なくとも乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
  1. 第2条、第3条に掲げる分割金又は利息の支払いが、期限において1度でもなかったとき。
  2. 本契約に基づく債務以外の債務(以下、「他の債務」と称す。)につき、仮差押、仮処分あるいは強制執行を受けたとき。
  3. 他の債務につき、破産、民事再生、競売の手続開始の申立があったとき。
  4. 乙が振出、裏書あるいは保証した手形又は小切手が不渡りとなったとき。
  5. 甲に通知なく、乙が住所を変更したとき。
 上記金銭消費貸借契約を証するため、本書を2通作成し、甲乙各自が署名捺印の上、それぞれ1通を所持するものとする。
 
  平成  年  月  日
貸主(甲) 住所

借主(乙) 住所
このページのTOPへ▲
2.売買契約書
土地売買契約書
 
 売主    (以下「甲」と称す)と買主    (以下「乙」と称す)は、後記土地につき、本日、以下の通り売買契約を締結した。
 
第1条 甲は、後記土地を金□□円で売渡し、乙はこれを買受けた。
乙は、甲に対し、後記土地の所有権移転登記申請と引換えに前項の代金を支払う。
前項の申請は、平成  年  月  日に行う。
甲は、前項の期日までに、後記土地につき、乙に所有権を移転する。
第2条 後記土地の売買は、乙は、甲に対し、後日、本件土地の実測面積の増減につき一切異議を申立てない。
第3条 公租公課は、第1条第3項の期日を基準とし、日割による計算を行い、前日までの分を甲の負担とし、以後の分は乙の負担とする。
前項の金額は、第1条第3項の日に代金の支払とともに清算する。
   
 本売買契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙各自が署名捺印の上、それぞれ1通を所持するものとする。
 

物件の表示

  公簿面 所在   県  市  町  丁目
地番   番
地目 宅地
地積 〇〇〇.〇〇m2

 
  平成  年  月  日
売主(甲) 住所

買主(乙) 住所
このページのTOPへ▲
3.請負契約書
建築工事請負契約書
 

 注文者□□□□(以下「甲」と称す)と請負人□□□□(以下「乙」と称す)は、下記の内容通りの建築工事請負契約を締結した。

 
 
第1条 本契約は、請負人乙が、注文者甲の建物(以下「本件建物」と称す)の建築工事を請負い、これを完成することを約し、これに対し、甲は請負代金を支払うことを目的とするものである。
第2条 乙は、本契約成立の日から  日以内に建築工事に着手し、着手の日から  日以内に完成し、完成の日から  日以内にこれを甲に引渡すものとする。
第3条 請負代金の総額を金    円(うち消費税    円)と定め、甲は、乙に対し、本契約成立と同時に手付金として金    円(うち消費税    円)、工事完成引渡と同時に残金    円(うち消費税    円)を支払う。
第4条 乙は、建物引渡の日から10年間、建物構造については10年間、その他については2年間、甲に対し、瑕疵担保責任を負うものとする。
第5条 その他、この契約に定めのない事項については、甲乙間の協議によりこれを定める。
   
 上記の通り本契約が成立したことを証するため、本書2通を作成し、甲乙各自が署名押印した上、それぞれ1通を所持するものとする。
 

工事の表示

  1 工事名 □□□□邸建築工事
2 工事内容 別紙設計書、仕様書に記載の通り
3 工事場所   県  市  町  番地
 
  平成  年  月  日
注文者(甲) 住所

請負人(乙) 住所
このページのTOPへ▲
4.賃貸借契約書
建物賃貸借契約書
 

 賃貸人    (以下「甲」と称す)と賃借人    (以下「乙」と称す)は、甲が所有する土地(以下「本件土地」と称す)につき、以下の通り賃貸借契約を締結した。

 
 
第1条 甲は、乙に対し、下記の建物(以下「本件建物」と称す)を賃貸し、乙はこれを賃借した。
                 記
所 在       県  市  町  番地
家屋番号  ○番の○   
種 類    ○○
構 造    ○○
床面積    ○○.○○平方メートル
第2条 賃貸借の期間は、平成  年  月  日から平成  年  月  日までの□□年間とする
第3条 賃料は1ヶ月金□□□□□円とし、乙は、甲に対し、毎月  日までに翌月分を甲指定の銀行口座に送金する方法にて支払う。
第4条 乙は、本契約締結時に、甲に対し、敷金として金□□□□□円を預託し、甲はこれを受領した。    
乙は、本件建物を明け渡した後でなければ、敷金をもって賃料その他の乙の甲に対する債務を相殺することはできない。
第5条 乙は、甲の承諾なく、無断で本件建物に関する賃借権を譲渡し、又は本件建物を転貸してはならない。
乙は、本件建物を自己の居住の用のためにのみ利用し、他の用に供してはならない。
第6条 前条に違反する行為があった場合、甲は、何らの催告なくして本契約の解除を行うことができる。
   
以上の通り、本契約が成立したことを証するため、本書を2通作成し、甲乙各自が署名押印した上、それぞれ1通を所持するものとする。
 
 平成  年  月  日      賃貸人(甲)住所

賃借人(乙)住所
このページのTOPへ▲
5.業務委託契約書
業務委託契約書
 

 委託者    (以下「甲」と称す)は、受託者    (以下「乙」と称す)に対し、以下の通りに業務の委託をする。

 
第1条 本契約は、甲が乙に対し第2条に掲げる業務の委託をなし、これを乙が引き受けることをその目的とするものである。
第2条 委託業務の内容は、駐車場管理とし、下記事項を含むものである。
  清掃業務
警備
経理
集金
第3条 委託期間は、平成  年  月  日から平成  年  月  日までとする。
前項の期間につき、委託期間の満了1ヶ月前までに当事者双方のいずれからも異議がない場合、さらに1年間自動的に更新されるものとし、以後も同様とする。
第4条 委託料は、月額□□□□□円とし、甲は、乙に対し、翌月  日までに当月分の支払いをなすものとする。
支払いの方法は、甲が、乙に対し、乙指定の銀行口座に送金するものとする。
第5条 乙は、甲の請求があった場合、委託業務に関する情報を直ちに報告する義務を負う。
第6条 本契約に関する事項につき、当事者のいずれか一方が違反した場合、他方当事者は何らの催告もなく直ちに本契約の解除をなることができる。
前項の場合、解除の意思表示と併せて損害賠償の請求をすることができる。
   
以上の通り、本契約が成立したことを証するため、本書を2通作成し、甲乙各自が署名押印した上、それぞれ1通を所持するものとする。
 
 平成  年  月  日
委託者(甲)住所

受託者(乙)住所
※ 以上の契約書式はあくまで簡略化したものであり、実際の具体的な契約内容に
  合致するかは保証できるものではありません。したがって、当方といたしましては、
本書式を用いたことによる一切の責任を負いかねますので、あしからず御了承下さい。
なお、詳しくご検討されたい方は、当事務所にご相談頂きたく存じます。
このページのTOPへ▲